パリ出張で必ず出掛ける蚤の市。ショップのディスプレイ品を探すのが目的。

パリでは毎週定期的に開かれる市の他にも、色々と不定期な物もあり、

生活者でないと知りえない情報が入手出来るのは嬉しいですね。

最近額に魅かれていて、額のブースがあると、必ずのぞきます。

今回のぞいた所で、かなり気に入った額。偶然友人の通う歯医者さんと、

バッタリ。

ドクターはアンティークがとても好きで、知識も豊富。

私の気に入った額について

お聞きすると、1930年代の物だそうです。

蚤の市なので、勿論梱包は無し。機内持ち込みで大切に抱えて持ち帰りました。