赤を選べばアクティブになるし、

ブルーを選べばコミュニケーションを上手くさせる、

どう過ごすかでコーデの色を変化させて1日を楽しむと

ノンストレスが得られる。




ファッションはあらゆる事のスタート的な存在

先ずクローゼットを開けて、目につく色は何ですか?




そこからどう表現するか・・・

どう見せたいか・・・

それで、今日の、明日の

コーデが決まります!!




随分前に赤の下着が流行った時期がありました。

赤という色は心理学からも

太陽光線分析からも

自信の活動を活発にする色になります。





色は人に与える印象も変わりますが

実は一番変化をするのはそれを着る自分自身。

人は一緒にいる数時間しかその色を見ていませんが

ご自身は服を着ている1日中その色と付き合います

なので、

思考を変化させる為に

気持ちと色を合わせる事がとても自然です。







スタイリングの色でその日を変える

コーテデシャンブルでは、そんなお手伝いをしています。

http://cdc-gp.com/fashion/