本を出す友人の編集のお手伝いをしていて

レイアウトで余白に軽くイラストを書いた所

著者さんにそれを気に入って頂き

そのまま出版に挿絵として使われる事になりました。





慌てたのはその後で・・・





私はデザイナーとして仕事をしていますが

アパレルの時も絵というものはジュエリーしか書いてなくて

風景や人物イラストは殆ど書いていないので

それが本に載るなんてと、一旦はお断りしたのが

書いた絵のままがイメージだかと言って頂き

そんな風に言われる嬉しさから、

つい、【それでよければ、】と答えてしまいました。





今思うと、もっとちゃんと考えてから答えるべきでした。





まっイラストレーターでもない私が

仕事として受けていたら、固い印象の絵になり、

本を読んでくださる方に

記事を楽しんで頂く事は難しかったかもしれません。






イメージを先に楽しんだのが良かったわけですが

それでもまだ自信はありませんが

受けたからには一生懸命書くだけです。





ただ最初に書いた挿絵は4~5点だったのが

依頼後では10~11点と大幅に増えてしまいました。

なので、この頃の私は

秋の新作ジュエリーを描き、

それ以外の時間で、本の挿絵イラストを書くという

2種類の絵を書く、訳の分からないデザイナー業をしています





本は11月入稿で1月出版です。

是非楽しみにしてくださると嬉しいです!!