友人が随分以前にオーダーしてくれたペンダントのお話・・・

彼女は子供の頃からの同郷の友人で

青山でジュエリースタジオをオープンした時に

頻繁に通ってくれました。





結婚する時に初めて婚約リングをオーダーしてくれて

既製品にはない、個性とデザインがスタイリングの格を上げる事

日常でも食事会等の席でも楽しめる事に楽しさを感じてくれていました。





青山のスタジでは、若い頃から買い集めたジュエリー達を

リフォームする為に沢山持ち込んで見えて、色々とデザインをさせて頂きました。

こちらはそのころ持っていた規制品を全て職人が創るジュエリーに変えたいと

最後に持ち込んだもので、

エメラルド・シトリン・ルビー・ピンクダイヤなどのリングやネックレス,etc。

それぞれに小さいメレーダイヤがついていて、そのサイズや形状も違う物。

それらを使いひとつのジュエリーにしてほしいとの依頼でした。





リングは既にいくつも作ったので、ペンダントにする事にしましたが

リフォームにはそれらの石とメレーダイヤを

1ピースも余らせたくない事が希望でした。





彼女の普段のファッションを考えてデザインしたこちらは

チェーンを付ける為の金具(バチカン)も無しにして、

チェーンを絡ませる事で一層個性が出せました。

とても気に入って頂けて、長く年数の経った今でも着けている事が

デザインした私達もとても嬉しいです。






もう一つ。こちらは私がデザインして夫が作った最初の2人三脚のリング。

真ん中には最初はダイヤ入っていた、私達のブライダルリング。

この後ダイヤは別のデザインにリーフォームしたのでその痕跡だけ残っています。





リフォームはデザイナーとの相性とそれを作る職人によって

仕上がりは大きく異なります。





デザインが加工に入るとそのバトンは、デザイナーから職人へ渡されますが

ニュアンシェはデザインの段階から職人も加わり、

加工に入ってもデザイナーが細かく意見を言います




通常はその時点で上手くいかない事が多いので、

それぞれの仕事に分かれそれぞれに任されます。

が、ニュアンシェは共同作業、

そして、それをしている所が他にはないので勇逸無二の作品が完成します。



さらに、それを身に着ける事がスタイリングの印象も大きく変わります.

気になっている事でどこに聞けばよいかわからない事等ありましたら

お問い合わせも受け付けています。

お問い合わせフォーム





PS:パリの事を話すオープンチャットを作りました。

パリが好きな方、パリが気になる方のご参加お待ちしています。

ご希望の方は参加アドレスを送ります。